オンラインカジノ攻略法

オンラインカジノで勝てる方法をご紹介!自分にあったものを見つけて楽しく遊ぼう!

オンラインカジノとカジノチップ

勝率・儲けを高めるためのポイントを知ろう!

オンラインカジノとパソコン

ここではオンラインカジノで勝てる方法を紹介していきますが、「毎ゲーム勝つこと」ではなく、「トータルして結果的に勝っている」という確率を高める方法についてのポイントを解説します。勝つためのポイントは主に2つあります。

1つ目は、攻略法と呼ばれる投資方法やベット法を上手く使うことで、勝ったときの利益を大きくしたり、負けたときの損失を減らしたりできます。

2つ目は、還元率の高い種類のゲームをプレイすることで、そもそも勝ちやすく負けにくい場所で遊ぶというポイントです。

【勝つためのポイント】攻略法(投資法・ベット法)の使用

トランプとカジノチップオンラインカジノはギャンブルなので、オンラインカジノ上のチップを賭けて負けたら没収、勝ったらゲームの配当分がプラスされて返ってきます。様々な種類の投資方法やベット法があるチップの賭け方一つで、同じゲームでもローリスクにしたりハイリターンにしたりと、状況を変えることができます。

この攻略法の種類は数多くあり、マーチンゲール法やココモ法のようにシンプルで初心者の方にも分かりやすいものもあれば、紙とペンを使わないと正確にベット額を把握できないものもあります。また、ゲームによっては有効なものと、そうではないものがあります。

ここではイメージがつきやすいように、攻略法を簡単にご紹介します。

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法(パーレー法)

マーチンゲール法と逆マーチンゲール法とは、シンプルで分かりやすく、初心者の方でも実践しやすい攻略法です。

マーチンゲール法では、負けているときに勝つまでベット額を倍にしていくため、一度勝てば今までの損失を一気に±0にできます。ただし、勝つまで倍額をベットする必要があるので、チップが尽きないように元手を管理しながら進めていく必要があります。

マーチンゲール法の例

1回戦目に【10ドル】のベット→負け→2回戦目に【20ドル】のベット→負け→3回戦目に【40ドル】のベット→勝ち→今までの損失を取り戻しマーチンゲール法成功!

逆マーチンゲール法は勝っているときに倍額で賭けていくベット法です。こちらは連勝が続くと非常に大きな利益となりますが、負けてしまうと一気に±0になります。ある程度のところで利益確定(勝ち逃げ)して、また±0の状態にリセットしてゲームをスタートしたほうが良いでしょう。

ココモ法

ココモ法とは、3倍配当のゲームで使う攻略法・必勝法です。

マーチンゲール法と同様に、シンプルで分かりやすいので、初心者のプレイヤーにも実践しやすい攻略法と言えます。1回戦目と2回戦目は同じベット額で3回戦目以降に負けたときは前回と前々回のベット額を足したものをベットしていき、勝つまでこれを続けるというベット法です。

ココモ法の例

1回戦目に【10ドル】のベット→負け→2回戦目に【10ドル】のベット→負け→3回戦目は【20ドル】のベット→負け→4回戦目は【30ドル】のベット→負け→5回戦目は【50ドル】のベット→勝ち→ココモ法成功!

【勝つためのポイント】勝てるカジノゲームを見極めてプレイ!

カジノゲームの中には、勝ちやすいゲームと勝ちにくいゲームがあります。これを端的に表した指数がペイアウト率(還元率)です。このペイアウト率はオンランカジノだけの指数ではなく、ギャンブル全体に使われており、全体の賭けた金額に対して勝ったときに還元される率のことを指します。

ペイアウト率は各ギャンブルによって比率が変わっています。一例を出すと、パチンコは約80%公営競技(競馬・競艇・競輪)は約75%、宝くじは約45%となっています。これに比べてオンラインカジノはなんと97%の還元率を誇っています。オンランカジノは全体的にペイアウト率が高いのですが、その中でもオススメのゲームをご紹介します。

勝ちたいなら迷わず「ブラックジャック」

ブラックジャック

オンラインカジノといえば、ブラックジャックやスロット、ルーレットなどを真っ先に頭に思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。オンラインカジノの王道のブラックジャックは、ペイアウト率(還元率)が他のゲームよりも高くなっています。

ブラックジャックの概要

初めて聞く方でも分かりやすいようにブラックジャックについて説明します。通常のトランプからジョーカーを2枚抜いた52枚を使用し、ディーラーとプレイヤーのそれぞれにカードが配られます。その配られるカードの合計数が21もしくは21に近いほうが勝ちとなります。21ぴったりになることをブラックジャックと呼んでいます。

ブラックジャックのルール

初めにディーラーから2枚のカードがプレイヤーに配られます。その手札を見て自分の合計数字は何になるのかを理解してゲームを進めましょう。数字のカウント方法は以下になります。

  • カードの数字が2~10の場合はそのままの数字で計算
  • J,Q,Kの場合は10での計算
  • Aが配られた場合は1または11のどちらかで計算できる

次に合計数字を21に近づけるためのアクションを取りますが、この際に使用する用語について覚えておきましょう。

  • ハンド…手元のカードのこと
  • ヒット…自分のターンでハンドを21に近づけるためにカードを1枚追加すること
  • スタンド…自分のターンでカードを追加せずに手元のカードで勝負すること
  • バースト…カードを追加した際に手元のカードの合計数字が21を超えてしまうこと
  • ダブル…元々賭けた金額を倍にしてカードを追加すること
  • スプリット…初めにディーラーより配られたカードが同じ数字だった場合に、手元のカードを2つに分けること

最低限こちらを理解していれば、ブラックジャックを楽しくプレイすることができるでしょう。

ブラックジャックでさらに勝つための「ベーシックストラテジー」

ブラックジャックはペイアウト率(還元率)が高いため、負けにくく勝ちやすいとお伝えしましたが、さらに勝つ確率を高くする方法がこちらでご紹介する「ベーシックストラテジー」という方法です。

ベーシックストラテジーとは、自分の手札の合計とディーラーのアップカードカードの組み合わせを表にしたものです。この表を見れば「自分はどのアクションを選択することで、勝てる確率が一番高くなるか」が分かるカンニングペーパーのようなものです。

初めのうちは、このベーシックストラテジーをみて判断することをオススメします。ベーシックストラテジーは、自分に最初に配られた手札により3つの表に分かれます。

ハートハンドの場合

自分の手札がハートハンドの場合は下記の表になります。ハートハンドとは、手札にAがない状態もしくは、Aを1と数えている状態の手札のことを指します。

ハートハンドの表

ソフトハンドの場合

自分の手札がソフトハンドの場合は下記の表になります。ソフトハンドとは、手札にAがあり、なおかつそのAを11と数えている状態の手札のことを指します。

ソフトハンドの表

スプリットの場合

最初の2枚のカードがペアだったとき、スプリットの選択肢が新たに加わります。スプリットとは、自分の配られた手札が2枚とも同じ数字だった場合に、最初の賭け金と同額の賭け金を追加すれば、1組の手札を2つに分けてゲームを進めることができます。

スプリットの表

ブラックジャックは、自分が引くカードの数字を確率で計算できるゲームです。感覚や運でアクションを決めるのではなく、まずは攻略法やベーシックストラテジーを使いながら、勝てる確率を少しでも上げていくことをオススメします。

大金を狙うなら迷わず「ビデオスロット」

オンラインカジノのスロット

日本人に馴染みのあるスロットですが、オンラインカジノでは大金を狙うことができます。オンラインカジノのスロットは、オリジナルのものから映画やドラマとタイアップしたものもあり、様々な種類のスロットを楽しむことができます。好みのテーマやタイプを見つけてプレイしてみても良いでしょう。

数あるスロットの中でも、大金を狙うなら「プログレッシブジャックスポット」という機能がついているものを選びましょう。プログレッシブジャックスポットとは、今までにたくさんのプレイヤーによって積み立てられた巨額の報酬を得られる機能です。

このプログレッシブジャックスポットの機能がついているスロットで一番オススメなのが「Mega Fortune(メガ・フォーチュン)」です。過去最高の当選額はなんと24億です。こんな大金が当たる可能性があると思うとわくわくしますね。

実力で勝ちたいなら迷わず「スキルゲーム」

運だけではなく、自分の実力で勝ちたいという方は、スキルゲームに挑戦してみても良いでしょう。スキルゲームとは、世界中のプレイヤー同士で対戦するオンラインゲームのことです。良いカードを引ける運も勝負に関わってきますが、それ以上に高度な頭脳戦が繰り広げられています。その中でもオンランカジノで人気のゲームを2つ紹介します。

オンラインポーカー

ポーカー

ポーカーはご存知の方も多いのではないでしょうか。ポーカースターズというオンラインカジノの「テキサスホールデム」はオンライン上でプレイでき、全世界のプレイヤーを相手に対戦することができます。

一回目の一通りのアクションのことをプリフロップと呼ぶことを覚えておくと良いでしょう。まずは、ゲームを始める前に親となる「ボタン/DELLER」を決めます。決め方はプレイヤーがそれぞれ1枚ずつカードを引いて、一番強かった人がボタンとなります。そしてボタンの左隣がSB(スモールブラインド)、右隣がBB(ビックブラインド)となります。

次にカードがSBから時計回りで、全プレイヤーに2枚ずつ配られます。カードが配られた後、BBはテーブルで決められている最低ベット額をベットし、SBはその最低ベット額の半額をベットしなければなりません。ここからそれぞれのプレイヤーのアクションを決めることができます。アクションの種類は下記をご参考ください。

  • フォールド…ゲームから降りること
  • チェック…アクションを起こさずにパスをすること
  • ベット…だれもアクションを起こしていない段階でチップを賭けること
  • レイズ…他のプレイヤーがベットした額に対して、上乗せをしてチップを賭けること
  • コール…他のプレイヤーがベットやレイズをした額と同額のチップを賭けてゲームの参加を続けること
  • オールイン…自分の持っているチップを全額賭けること。自分の手持ちのチップがコールできる額に満たない場合でもオールインをすることでゲームに参加し続けることができる

アクションに対しての細かいルールはありますが、ここでは概要の説明となりますので詳しくは別途ご説明します。

ここまで全員のアクションが終わったら、SBとBBはゲームを続けるかどうかを選択することができます。次のアクションに進むにはゲームに参加している全員が同額のベットをする必要があります。

ここからフロップと呼ばれる二回目のアクションに入っていきます。テーブルに3枚のカードが表向きに置かれます。ここで自分の手札と合わせて「どのような役を作るか」がポーカーの醍醐味ともいえる本格的な心理戦が始まっていきます。

ここでも先ほどのゲームに参加しているプレイヤー全員がアクションを取ります。三回目以降のアクションのことをターンと呼びます。ここで二人以上のプレイヤーが残っていれば、次のラウンドに進み、場にある4枚目のカードが表向きに置かれます。もし全員がオールインをした場合は、場にあるカードが5枚全て表向きに置かれ勝敗が決まります。

最後のアクションはリバーと呼ばれ、場にあるカードが5枚全て表向きに置かれ、参加しているプレイヤーは最後のアクションを選択し、勝敗が決まります。

一連の勝負が終わったらボタン、SB、BBは一つずつ左に移動して2回戦が始まっていきます。

DORA麻雀

麻雀牌

こちらは一般的な麻雀とほとんど同じですが、オプションのようなものがあり、それによってはルールも特殊なものになっていきます。こちらも対戦相手はコンピュータではなく、プレイヤー同士のゲームとなるため、実力で勝てるゲームです。

ルールも賭ける額の大きさも参加する卓によって大きく異なるので、ルールが分かり自身のレベルにあった卓で遊ぶことをオススメします。

まとめ

オンラインカジノとカジノチップ

オンラインカジノで「必ず勝てる方法」というのは存在しませんが、知識と経験によって勝てる確率を上げられる遊び方があります。今回は、必勝法・攻略法やペイアウト率(還元率)の高いものや、自分の好みに合わせて遊べるゲームを紹介しました。自分と相性の合うゲームを見つけてオンラインカジノで楽しく稼ぎましょう。

関連記事